超アート思考術習得講座

 超アート思考術習得講座では、感性、直観を磨く訓練をすることで、今まで見えなかった世界や価値が見えたり、気付けたりするようになり、これまでの見える世界観や価値感が一変する感覚の養成を促します。普段、ビジネスでよく使う左脳だけではなく、右脳を刺激し、活性化することで、感性が研ぎ澄まされ、別の視点でものをモノを見る習慣が得られ、よいアイデアが突然、浮かんだりといった効果が期待出来ます。

成長する企業、もう一段、成長したい企業がこぞって導入しているのが、この超アート思考術です。イノベーションを起こすアイデアが生まれます。

 弊社の超アート思術考習得では、右脳と左脳の循環を効果的にできるプログラムを組んでいます。右脳に代表される3つのカン、「観」・「感」・「勘」をフルに働かせ、右脳で見たもの、感じたもの、閃いたものを左脳で考える、そして、また、右脳に戻す、この繰り返しを行うことで、ビジネスの場面で必要な、人と違う視点、感性を成長させる一助になります。

レゴ🄬シリアスプレイ🄬メソッド活用講座

100:100の対話手法、メタファー活用の最高手法

 MITメディアラボ・シーモア・パパート教授提唱の教育理論「コンストラクショニズム」を基に、元レゴ社の教育事業部門開発責任者、ロバート・ラスムセン氏が2001年に開発した右脳(感性)を活性化する問題解決手法です。
 異なる役職や責任部署のメンバー、企業の枠や国境を超えた混成部隊など、価値観や見識の異なるメンバー間での新たなアイデア、ビジョンやゴールの創出、共有が納得の得られる。
個人の価値観やビジョンという形のないもの、答えのないものを手を動かしながら形にしていきます。人は手を動かすことで、頭の中で理論や知識構築を同時に行っており、LSPのワークショップでは、作品を通じてファシリテートすることで、これまで気付かなかった「深い知」が得られます。
 弊社では、日本ではまだ数少ない本メソッドのファシリテーター資格を有し、多くの組織、チームの立て直し、相互理解促進を実践してきております。単独メニューで依頼なら、これは、「超」が付くほど、お奨めの研修です。

あのNASAが取り入れたメソッド

アメリカ国立航空宇宙局)

 2003年にスペースシャトルが2度目の重大事故(1度目は、1986年、チャレンジャー号事故)。この事故をめぐり、NASAのチーム内は 責任追及と責任の擦り付け合いで紛糾。事態を見兼ね、新たに「安全対策センター」を設立。センターのリーダーは、世界中から高い専門知識の科学者・エンジニアを招集。しかし、異なるバックグラウンドの一流の専門家が多数集まる中で、どのように、「全員が互いを尊重しながら建設的に意見を出し合える場」をいかに作るかということで「LEGO® SERIOUS PLAY®」を実践。

たった5時間のワークショップだったにもかかわらず、お互いを尊重するチームとしての機能を取り戻したことは、もはや有名な話です。

LSPの導入団体

NASA、Microsoft、Pfizer製薬、Google、博報堂、Coca-Cola社(米国、日本)、日経リサーチ社、ソフトバンク、東京電力、AGC、花王、リクルートキャリア、西部技研、山野美容専門学校、所沢市、北九州市、MIT、Harvard大学、九州大学、九州工業大学、九州産業大学、福岡大学、東京大学、早稲田大学、山梨学院大学、こども国連、青山学院大学など多数。

お気軽にお問い合わせください。03-4446-1317受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ